NPO法人
10月31日
「豊島区養育家庭体験発表会」

NPO法人「訪問劇団あい」
『赤の他人』上演(写真右)

NPO法人 訪問劇団あい

豊島区南大塚ホール

あい
訪問劇団
この芝居は、ルームシェアをした赤の他人の疑似親子の物語。そこには本物の親子のような生活が生まれ始めた。
感動シーンでは、観客たちも共感、涙する場面も多々…。

劇団の歩み

写真Topix

自己紹介

忍者

手品

ヒゲダンス

NPO法人「訪問劇団あい」が
「つくしんぼホーム」を訪問!!

再び「つくしんぼホーム」を訪問しました!

東部子ども家庭支援センターのスタッフの皆様、上演させていただき、本当にありがとうございました。
体験発表会は、役者全員「勉強になりました」と喜んで帰路につきました。

 

931115分から30分、三宿(東京都世田谷区)の重度障害施設「つくしんぼホーム」に訪問してお芝居をしてきました。ヒゲダンスが大喝采! で最後に再演(本当は時間が余った)、施設の方たちは笑って喜んでくれました。ヒゲダンス(塩谷太白・萬造寺竜希)の二人は手品も披露、細かく切り刻んだ新聞紙は元の大きさに戻った。するとやんややんやの大拍手。二幕目は忍者の二人(新貝文規・松元水紀)が切り合うという殺陣シーン。仲裁に入ったMC(今村均)が逆に二人に切られると、観る側は驚きを隠せない。終了後、役者たちは「30分でもすごく充実した演技時間でした」と、明るくさわやか笑顔がいっぱいでした。

9月9日、再度「つくしんぼホーム」に訪問しました。前回よりお芝居がまとまり、最後まで順調でした。終了後、ホームの方の感想を伺えました。「終ってから空気が変わりました。またお願いします」と、大変に喜んで戴きました。
劇団員も喜びひとしおで、疲れも吹っ飛び帰路につくことができました。ホームの皆様、本当にありがとうございました。またのお呼びたてをお待ちしております。

画像をクリックするとYouTubeで
「赤の他人」がご覧いただけます。